脱毛ワックス使ったことある?

自家製ワックス作っちゃいませんか?

以前、ドラッグストアで脱毛ワックスというものを買って試した事があります。1液と2液を混ぜ、ツンと嫌な臭いがするのを我慢して除毛したい分部に塗り込み、液が固まるまで待って一気に剥がす。

 

 

多少の痛みはあるものの、慣れると案外大丈夫になっていきます。しかしあくまで除毛なので、日数が経つと普通に生えてきてしまうのがネックです。

 

 

またドラッグストアで商品を購入してせっせと除毛、そしてまた生えてきたら商品を購入する。かなり料金がかさみます。金欠の時にあれこれ調べあげ、脱毛ワックスのDIYの存在を知りました。

 

 

自宅にあるものを使って簡単に脱毛ワックスが作れちゃう、しかも食品を使うので無添加という有難さです。私が実際に作った自家製脱毛ワックスを紹介します。

 

「材料」ハチミツ60ml程度
    グラニュー糖240g程度
    レモン汁2/1個分

 

まず耐熱容器に、ハチミツ・グラニュー糖・レモン汁を入れます。次にレンジで30秒程度溶かします。レンジから取り出してしっかり混ぜ、もう30秒加熱してかき混ぜます。火傷に気を付けて作業しましょう。

 

 

 

まだ熱いので自然に冷まし、その間に使わないTシャツなどを切り取ります。冷めたワックスを、脚や腕のムダ毛の流れに沿って塗ります。

 

 

 

ワックスを塗った分部に切り取った生地を当て、上から撫で付けます。ムダ毛の流れに逆らって、生地をさっと引っ張って剥がします。もしワックスが水っぽい場合は、グラニュー糖を少しずつ加えて硬めに調節しましょう。

 

 

 

脱毛後の肌はデリケートになっていますから、お肌を冷やしてからボディーローションなどで保湿すると良いです。

 

 

 

最初は痛みがあっても、徐々に慣れて平気になると思います。しかしあまりに耐えがたい痛みだったり肌が腫れ上がってしまう様なら、使用を止めて様子をみることです。もし自家製脱毛ワックスを作り過ぎてしまったら、保存も可能です。

 

 

 

密封容器に入れて蓋をし、冷蔵庫で保管します。使う前に少々温めれば問題なく使えます。ドラッグストアなどで売っている脱毛ワックスの様なキツイ臭いはありませんし、食べれる食材ばかりなので安心安全。コストも安くすみます。カミソリでの自己処理はすぐにチクチク生えてくる為、ワックスでの脱毛はお勧めですよ。

 

 

 

但しあくまで除毛なので、毛はある程度の周期で生えてきます。どうしてもすっきり脱毛したいのなら、脱毛サロンなど専門店に任せるのが一番でしょう。金欠でどうしようもない時代によくやっていた脱毛方法なので、興味がある人は試してみて下さい。