東洋人と西洋人

知らなかった西洋人の常識?

私達東洋人は毛が黒いです。黄色の肌に黒い毛・・・目立つから嫌ですね・・・

 

 

その点西洋人は髪の毛もムダ毛も金髪で、あまり目立たない様に思えます。
目立たないのなら脱毛しなくても良い訳で、それって凄く羨ましい限りです。

 

 

東洋人女性達は一生懸命脱毛に励んでいるのに、西洋人は良いな〜なんて思ったりして。
でもこの間何となく見たテレビで、西洋人の脱毛も大変なんだと納得しました。

 

 

「西洋人はムダ毛も金髪なんだから脱毛しなくて良い」というのがそもそも間違いみたいで、私が見たテレビでは西洋人の間で脱毛は当たり前でした。

 

海に行く前には絶対に脱毛する女性が多くて、ムダ毛に対する思いは私達東洋人と同じ感覚でした。ただ違うのが脱毛方法です。日本の脱毛器の波長は、黒いものに反応する様にできています。

 

毛や毛の周囲にあるメラニン色素に反応して、毛の再生組織を破壊するのです。
肌の色とムダ毛の色に差があるのが嫌な筈なのに、専門の脱毛を受ける際にはこれが必要となる訳ですね。

 

だから脱毛前に日焼けするのは絶対厳禁で、こんがり焼けた肌にレーザーを当てると、毛に反応する前にメラニンに反応して炎症を起こしてしまうのです。

 

では西洋人の脱毛はどうしているのでしょう?私達が行っている様な脱毛は受けられないのでしょうか?

 

最近の脱毛器は進化しているので、西洋人向けの脱毛マシーンがあるかもしれません。
しかし私がテレビで見た限りでは、皆さんエステでワックス脱毛をしていました。
ワックス脱毛というのは、ハチミツやロウを主成分としたワックス剤を肌に塗って、毛に密着させてから一気に剥がして毛を抜く脱毛方法です。

 

それはもう痛そうで、見ているこちらも「痛っ!!」と声をあげてしまいます。
しかも数日後には毛が生えてくるので、ちょっと損(?)な気持ちになりました。

 

ムダ毛での悩みは万国共通なんだな〜って、妙に実感しました。